愛犬が言う事を聞かない!親身になって世話をする落とし穴

しつけが重要

子供の時から動物と触れ合うことが大好きだったので、ペットを飼いたいと考えていました。しかし子供の頃に暮らしていたマンションはペット不可だったこともあり、諦めていました。

 

大人になって結婚して一戸建てで住むようになったので、念願の犬を飼う事にしました。知り合いから雑種の犬が子供を産んだということを知らせてもらい、そのうちの一匹をもらい受けることにしました。生まれて時間がそれほどたっていないので、まだ目も見えず耳も聞こえない状態ですが、とにかく愛らしい様子で可愛くて仕方がありません。

 

 

家族全員で下にも置かないような状態で猫可愛がりをしていました。病気もせずにどんどん大きく成長していく愛犬ですが、半年を過ぎたころから甘噛みをするようになりました。最初は愛犬用のおもちゃを噛んでいたので、歯が生えてきているし痒いのかもしれないと考えていましたが、そのうち、人間の手も比較的強めに噛むようにしました。

 

 

しつけが重要だと思ったので、本を参考にしながらしてみましたが、なかなかうまくいきません。そのうちに噛み癖もおさまったので大丈夫だと思っていたら、今度は散歩に行くときに人間のペースに合わそうとせずに勝手に走っていこうとします。リードを引っ張って何とか合わせるようにしていますが、隙があれば走りそうになってしまいます。ただ他に散歩をしている犬と喧嘩するそぶりも見せないので、少しくらいのわがままなら厳しいしつけをする必要はないと感じました。

 

 

家の中でほとんどの時間を過ごしていますが、大抵はいい子なので怒ることもありません。しかし先日、友達家族が遊びに来たときに、いつもは人が来ても知らないふりをして遊んでいるのに、愛犬が寄ってきました。友達に頭をなでられて最初はいい子だったのに、途中から暴れ出したり、遊ぶ延長のつもりで友人の手を噛んでしまいました。

 

 

それが思いのほか強かったようで、血がかなり出てしまい慌ててしまいました。友達は大丈夫だと言ってくれましたが心配だったので病院で治療をしてもらい、このままでは駄目だと思って、通いつけの獣医師に相談をしました。そうしたら短期間でもいいからしつけをしてくれる訓練所に通ってみることを提案されたので、問合せをしてみることにしました。まずは愛犬の様子を見たいということで連れていったところ、訓練所のスタッフに威嚇するようなそぶりを見せます。

 

 

ベテランの訓練士さんから、しつけをせずに甘やかしすぎたから、家族の中で自分が一番だと思い込んでいると指摘されました。このままだと他の人に怪我をさせる恐れもあるから、少しだけ訓練所に通ってみる方法があると教えてもらったのでお願いすることにしました。愛犬はとても可愛いので、甘やかしすぎてしまうことは理解できますが、それが愛犬のためにならないことを十分に反省しました。自宅でも訓練所で教えてもらったしつけの方法を実行しているため、今は誰が来ても噛んだり無駄に吠える心配がありません。

 

ドッグフードやおやつなどは躾にも有効です。姉妹サイトのドッグフードNEWSにて詳しく解説してますのでよかったらご覧ください。
ドッグフードNEWS
https://dog-food.club/

 

家具を噛む愛犬のしつけ・対処法!簡単に直る裏ワザとは?

我が家の愛犬は普段はお利口さんなのですが、家具を噛む癖があるので困っていました。
大切な家具を噛まれるとたまったものではなく、せっかく綺麗に部屋のインテリアとして飾っているのに台無しです。
そこで何とか良い対策はないかと摸索していたところ、良い方法を見つけました。
家具を噛む愛犬のしつけの対処法はちゃんとあり、簡単に直る裏ワザがあったのです。

 

犬が家具を噛むとテーブルの脚がボロボロになり、ソファの角がビリビリに破れて悲惨な状態になりますよね。
噛む行為は元気な証拠なので嬉しいことではありますが、あまり噛むようだとテーブルとソファが使い物にならなくなります。
そもそもなぜ犬が家具を噛むのか考えたところ、きっと遊んでほしい要求だったり自己アピールのせいだと思うのですが、それはあくまで表面上だけのことに過ぎません。
よく考えてみると我が家の愛犬は少し甘やかしていた傾向にあり、実際、飼い主と犬の主従関係が成立していないことに気付いたのです。
要するに私をリーダーだと認識していなくて、だから自分の好き勝手な行動をしていたわけですね。

 

家具を噛む愛犬のしつけは対症療法が良いと聞いたので、道具を使って噛むのを何とかしようと思いました。
ワンちゃんの専門店に行くと色々な商品が販売されていて、塗るグッズは効果的で犬がよく噛む場所に塗って使います。
舐めるととても苦い味がするので、ワンちゃんは噛むのをやめるという仕組みです。
ただこの方法は良いのですが、塗られていない場所を噛むので完全な対策になりません。
噛んで欲しくないものにだけ塗る使い方はあるのですが、結局いたちごっこの対症療法で、やはり家具を噛むことをきちんと止めさせるようにしたいですよね。

 

そこで思いついたのが、家具を噛む犬に天罰を下す方法です。
ただしつけの基本は天罰にあるのですが、愛犬が叩かれるのが怖いからやめるのであれば飼い主との信頼関係を築くのは難しいです。
短期間で教え込んでかつ効果的な対処法が優れた調教で、普段のしつけは犬と心が繋がっていることが大事ですよね。
家具を噛む犬にはどのような天罰が効果的なのか摸索したところ、ワンちゃんに痛みを与えるのではなく驚かせることです。
実はこの方法、やってみると非常に効果的で、ビックリすると犬の印象に強く残ります。
簡単でやりやすいのは音を出す方法で、犬が家具を噛んだ瞬間に数冊まとめた雑誌を床に落とすのです。
誰が落としたかを見られてはいけないのですが、この方法で我が家のワンちゃんは家具を噛まなくなりました。
はっきりとした理由はわかりませんが、きっと家具を噛んだらイヤな音がしたので噛むのを止めたのでしょう。

 

足ひっかけ作戦もオススメで、この方法はワンちゃんに驚きだけでなく痛みも少し与えます。
犬が家具を噛んだら素知らぬ顔をしながら足を引っ掛けてワンちゃんを転ばせる方法なのですが、もちろんケガをしないよう手加減はしますよ。
近くには飼い主の自分しかいないのですが、ワンちゃんは誰が転ばしたのか分からず驚きと痛みによるダブルの効果が得られるのでオススメです。

page top