愛犬のおもちゃは与えっぱなしにするのはNG!それが招く結果とは?

犬が食べてはいけないもの

愛犬がおもちゃで遊んでいる様子をみることは飼い主にとってこれほど癒され嬉しいことはありません。

 

犬は様々な物に興味を示します。それが飼い主から与えられたものなら犬は、好奇心を満たしながら遊びに熱中するはずです。成犬でもおもちゃを使っての遊びには熱中するのですから、子犬なら遊びを通して生活経験を積んでいく大切な要素も含んでいます。犬用のおもちゃに限らず身の回りに置いてあるタオルやスリッパ、箱ティッシュなど、全てが愛犬からすればおもちゃに成りうるのです。

 

ですから、犬おもちゃは与えっぱなしにするのはNG、そこには大きな危険と犬をしつけていく上で重要なことが様々に隠されているのです。まず、大切なことは、飼い主が愛犬と一緒に遊んだおもちゃは、与えっぱなしにしなということが重要です。それは、子犬や成犬が遊んでいるおもちゃは、犬たちにとって力の強弱を争い順位を競い合っているものの他ならないからなのです。

 

 

ものを奪い合い勝利することは力の優劣や自分が置かれている順位を見定める状態を意味しています。これは、犬がオオカミの性質を引き継ぎ群れの中で生きていく上で必須だったことの名残でもあります。遊び途中で飼い主がおもちゃを手放し成犬や子犬におもちゃを与えっぱなしにしてしまうことは、犬自身に飼い主よりも自分の方が順位が上だと勘違いさせてしまう結果に繋がるのです。この意識付けが定着してしまうと愛犬や子犬はしつけをしても飼い主からの命令は受け入れにくくなってしまいます。言い換えれば、愛犬や子犬は言うことを聞かなくなると言うことです。お手や待てなどは言うまでもなく、遊んでいても散歩に出ても全く指図に従うことはなくなってしまうでしょう。ですから、遊んだ後は必ず愛犬や子犬からおもちゃを取り上げて遊んだという認識とそれは飼い主の手に寄るものだと言うことを確認させる必要があるのです。

 

 

身の回りにあるタオルやスリッパなどをおもちゃ道具の代わりにして、滅茶苦茶にしてしまっても犬はそのことの善し悪しの判断はできないのです。おもちゃで遊んでいても、自分で抱え込みおもちゃを渡さない、無理に離そうとすれば、ウっと唸るのは、子犬時代からしっかりとしつけられていない証明と飼い主が犬本来の性質を理解していないことの証明にもなってしまいます。権勢本能を野放しにしてしまうことは犬にとっては理解不能なことで行動を制止されてしっていると思い飼い主との関係もやがては上手くいかなくなってしまいます。

 

 

成犬や子犬と遊ぶときに使ったおもちゃは、必ず、犬から取り上げるという週間を徹底してください。そうすれば、様々な場面での制止行動や指図もスムーズに愛犬に伝わりしつけもし易くなるのです。愛犬とお互いにストレスなく暮らすためには、犬の性質としつけのあり方を正しく学び認識することが重要です。このことで犬も自分の行動の善し悪しも認識出来るのです。

page top