キャットフードの選び方で押さえておきたいポイントをチェック!

 

愛猫の飼い主さんの中で、「キャットフードは猫が食べることができれば何でも良い」と考えている方はいませんか?
このサイトでは安心できるキャットフードの選び方からオススメ商品などを紹介してます。

 

 

ペットフードの4Dミートとは?

スーパーやホームセンターで販売されている格安のキャットフードの中には、私たち人間が食べられない4Dミートと呼ばれる肉を使った製品が紛れ込んでいます。

 

  • Dead(死んだ動物の肉)
  • Dying(死にかけの動物の肉)
  • Diseased(病気の動物の肉)
  • Disabled(障害のある動物の肉)

 

上記の頭文字を取って4Dミートと名付けられ、以前までは頻繁に飼料用やペットフード用として使われていました。

 

そんな原材料を使ったキャットフードを自分の愛猫へと与えていると考えると、ゾっとしてしまうのではないでしょうか。

 

つまり、与えるキャットフードを決めるに当たり、正しい選び方を把握するのはとても大事ですよ。

 

  • キャットフードの種類が多すぎてどれを選べば良いのか分からない
  • 少しでも安全なキャットフードを愛猫へと与えたい
  • 実店舗ではなくインターネット通販でキャットフードを購入しようと考えている

 

こういった飼い主さんのために以下ではキャットフードの選び方で押さえておきたいポイントをまとめていますので、今一度愛猫へと与えるご飯を見直してみてください。

 

総合栄養食に分類されているキャットフードを選ぶ

 

自分では愛猫へとご飯を与えているつもりでも、実はおやつ代わりだったというケースは少なくありません。

 

ペットショップやインターネット通販では様々なタイプのキャットフードが販売されていて、次の4種類に大きく分けることができます。

 

総合栄養食:ペットが生きるために必要な栄養素が全て凝縮されている
間食:おやつやご褒美の時に与える嗜好性の高い食品
療法食:猫の病気を治療するのが目的の食べ物
サプリメント:その他の目的で与える食べ物

 

食いつきが良かったり喜んで食べてくれたりという理由で、嗜好性の高いおやつをメインで愛猫へと与えている飼い主さんは多いですね。

 

おやつの中にも栄養素は入っているものの、人間に例えるとスナック菓子やチョコレートを育ち盛りの子供へと与えているのと同じだと判断できます。

 

これでは愛猫の成長が損なわれたり病気を患いやすくなったりしてしまうため、キャットフードは総合栄養食の中から選ぶようにしましょう。

 

以下では、総合栄養食に分類されているキャットフードにどんな特徴があるのか幾つか挙げてみました。

 

  • 規定量の総合栄養食と水を与えていれば猫が1日に必要な栄養素を過不足なく摂取できる
  • 愛猫の年齢や成長に合わせて様々な種類の中から選べる
  • ペットへの給与を実際に行って実験した給与試験が行われている
  • 栄養成分の基準に合致しているのか証明する分析試験が行われている

 

各事業者が定められた試験を行わなければ販売できないため、総合栄養食と表記されているキャットフードであれば安心です。

 

もちろん、総合栄養食のキャットフードでも危険な原材料や添加物を使って製造されている製品はありますので、他のポイントでも比較してください。

 

ドライフードとウェットフードで比較

 

ドライフードを与えるのかウェットフードにするのかは、キャットフードの選び方で欠かせません。

 

キャットフードは配合されている水分の量により、次の3種類に大きく分けることができます。

 

ドライタイプ:水分の含有量が10%以下でカリカリとしているのが特徴
セミモイストタイプ:水分の含有量が25%~30%で、いわゆる半生の状態を指す
ウェットタイプ:水分の含有量が75%以上と多く、肉の匂いが強くて猫の満足度が高い

 

これらの中でも最も食いつきが良いのはウェットタイプのキャットフードで、自ら狩った生肉を食べていた猫本来の食生活に合っているのが理由ですね。

 

しかし、ウェットフードはドライフードとは違い、以下のデメリットがありますので注意しなければなりません。

 

  • 食べかすが残りやすいので歯垢が付着したり口臭が悪化したりしやすくなる
  • しっかりとしたメーカーの製品を選ばないと添加物や粗悪な材料が使われている
  • 保存が利かないので、その日のうちに食べきらなければならない
  • タンパク質や脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素のバランスが悪い
  • 料金が高く、毎日与えていると金銭的な負担が大きくなる

 

栄養バランスの良さやコストの安さで比較してみると、ドライタイプのキャットフードに軍配が上がります。

 

キャットフードは何よりも愛猫の健康を考えて選ばなければならないため、メインはドライタイプにして食欲がなかったり飽きたりした際にウェットタイプを与える方法がおすすめですよ。

 

余計な添加物が入っていないか

 

キャットフードの選び方で、余計な添加物や材料が入っていないのかどうかは重要なポイントとなります。

 

安価なキャットフードの場合、4Dミートだけではなく添加物を使ってカサ増ししているケースも少なくありません。

 

愛猫が生きていくに当たって必要な栄養素ではありませんし、発ガン性の高い添加物を使った製品もこの世には出回っていますので、注意した方が良いですね。

 

以下では、特に注意したい酸化防止剤や化学合成物質の種類をまとめてみました。

 

BHA(ブチルヒドロキシアニソール):油脂の酸化を抑えて保存性を高められる酸化防止剤だが、近年になって発ガン性が指摘されている
BHT(ブチルヒドロキシトルエン):合成された酸化防止剤で、BHAと同じように発ガン性があるのではと指摘されている
エトキシキン:BHAと同じ酸化防止剤だが、日本では食品添加物の使用として認められていない
プロピレングリコール:半生フードやジャーキーに用いられることが多く、猫に与えると貧血のリスクが高まる
硝酸ナトリウム・亜硝酸ナトリウム:おやつに使われている発色剤で、発ガン性物質を作る恐れがある
着色料:見た目のイメージを良くするために使われているが、発ガン性や甲状腺の異常、アレルギーのリスクがある
香料:良い匂いをかもし出して食いつきを良くするのが目的で、着色料と同じようにアレルギーのリスクがある

 

「大量に摂取しなければ大丈夫」とメーカー側は謳っていても、なるべく食べさせない方が良いのは紛れもない事実です。

 

同じ添加物でもミックストコフェロール(ビタミンE)やローズマリー抽出物など自然界から抽出されたものは安全ですので、人工添加物を含まないのかどうかでキャットフードを比較してみてください。

 

使われている主原料で比較する

 

キャットフードは製品により、使われている主原料に違いがあります。

 

主原料で比較するのは選択肢の一つで、代表的な食材と大まかな特徴について見ていきましょう。

 

チキン:完全な肉食動物の猫にとって最もおすすめで、本来の食生活に近い
サーモン:良質なタンパク質や豊富なビタミン類が含まれている
青魚:「マグロ」「アジ」「サバ」などの青魚には猫に必要な栄養素が多い

 

青魚に含まれている不飽和脂肪酸は酸化しやすく、炎症による黄色脂肪症という病気を引き起こすリスクがありますので、猫へと大量に与えてはいけません。

 

しかし、キャットフードの原材料として使われている分には大丈夫ですよ。

 

チキンが使われた製品であれば、「高タンパク質」「高脂肪」「低炭水化物」と猫の食生活に近い食事となるため、安心して食べさせることができます。

 

ライフステージ(猫の年齢)に合わせて選ぶ

 

私たち人間が赤ちゃんの時に離乳食を食べ、大人へと成長するにつれて食べ物の種類が変わるように、ペットもライフステージ(猫の年齢)に合わせてキャットフードを選ぶべきです。

 

以下では年齢別で適したキャットフードの特徴をまとめていますので、どんな点を押さえておけば良いのかチェックしておきましょう。

 

子猫(0歳~1歳):母親の母乳を飲む時期を過ぎると免疫力が落ちやすいため、免疫をサポートする初乳成分(コロストラム)を含む製品がおすすめ
成猫(1歳~7歳):猫は尿石症や腎不全など腎臓病が多いので、病気を予防して健康を維持するためにオメガ脂肪酸や抗酸化物質が含まれている製品がおすすめ
老猫(7歳~):成猫用のキャットフードを与えても特に問題はないが、内臓機能の衰えを考慮して消化吸収の良い製品がおすすめ

 

大事な成長期にシニア猫用のキャットフードを与えたり、内臓機能が衰えやすいシニア猫に使用満点の子猫用のキャットフードを食べさせたりしていると、様々な弊害があります。

 

全年齢用の製品であれば特に問題はないのですが、商品を購入する前に子猫用なのか老猫用なのかきちんと確認しておくべきですね。

 

穀物不使用のグレインフリーかどうかで比較する

 

余計な人工添加物を含まないキャットフードでも、猫の身体にはあまり良くない穀物が含まれた製品が幾つかあります。

 

米や麦、トウモロコシや大豆などの穀物が入ったキャットフードを猫へと食べさせると、アレルギー症状のリスクが高まりやすいので注意しなければなりません。

 

そのため、穀物不使用のグレインフリーかどうかは猫へと与えるフードの選び方で押さえておきたいポイントです。

 

穀物不使用のグレインフリーのキャットフードを食べさせることにより、どんなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

 

  • 肉食動物である猫の本来の食生活に近付けることができる
  • 栄養を上手く吸収できなかったり下痢を起こしたりといったリスクを回避できる
  • 皮膚のかゆみによる引っかき傷や脱毛を未然に予防できる

 

アレルゲンを引き起こす物質や成分に関しては猫によって違いがありますので、米や麦が引き金だと言い切ることはできません。

 

それでも、穀物がアレルギーの原因になりやすいのは事実ですので、グレインフリーのキャットフードを与えてください。

 

腎疾患に対応しているかどうかで選ぶ

 

年齢を重ねた成猫や老猫の場合は、腎疾患に対応しているかどうかでキャットフードを選ぶ必要があります。

 

腎臓病の改善や予防に適したフードはタンパク質とリンの含有量を抑えたもので、この栄養素を過剰摂取した時の弊害を見ていきましょう。

 

・タンパク質は猫に欠かせない栄養素でも腎臓への負担が大きくなる
・腎臓機能が衰えてくるとリンが排出されなくなって血液の中に溜まる

 

猫の腎臓病は悪化してからでないと症状が出ないという厄介な存在ですので、かかりつけの医師と相談して療法食を決めてください。

 

キャットフードのおすすめランキング!

 

一口に総合栄養食のキャットフードと言っても種類が豊富で、選び方で迷っている飼い主さんは多いのではないでしょうか。

 

そんな時はプレミアムフードがおすすめで、明確に定義されているわけではないものの、次のような特徴があります。

 

  • 合成保存料や着色料など人工添加物は使っていない
  • 安全性が高くて良質な肉類を使っている
  • ヒューマングレード(人間向けの基準)の原材料を徹底している

 

「プレミアムフードはより高品質なキャットフード」と考えると分かりやすいですよ。

 

以下では品質の高いおすすめのキャットフードをランキング形式で紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

 

モグニャンの特徴
モグニャンキャットフードは、全猫種・全ライフステージに対応したプレミアムフードです。 試食会の結果によると、93.8%の飼い主さんがこれからも与え続けたいと回答していました。 美味しさを追求するだけではなく、安全性を高める試みを行っているのもモグニャンキャットフードの魅力ですね。
価格
3168円~
評価
評価5
備考
ジャガーの特徴
プレミアムキャットフードジャガーは、愛猫の健康のために上質な肉類を使っています。 食材はもちろんヒューマングレードで、余計な添加物も入っていません。 新鮮で安心な食材に拘っているのがプレミアムキャットフードジャガーのメリットです。
価格
3852円~
評価
評価5
備考
シンプリーの特徴
少しでも品質を高めるために、シンプリーキャットフードは動物栄養学者と共同で作られました。 全世界累計で100万袋以上を売り上げているのが人気の証拠ですね。 健康的で美味しい食事を愛猫へと与えたいと考えている飼い主さんに、シンプリーキャットフードはおすすめできます。
価格
3564円~
評価
評価5
備考

 

まとめ

 

以上のように、キャットフードの選び方には幾つものポイントがあることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

「キャットフードなんて何でも良いや」と適当に選んでいると、愛猫の成長が阻害されたり病気のリスクが高くなったりと非常に危険ですよ。

 

猫の主食であるキャットフードが健康を左右すると言っても過言ではないので、今一度選び方を見直してみてください。