安全性の高いキャットフード

大切な愛猫には、安全性の高いキャットフードを与えてあげたいものです。では、安全性の高いフードを選ぶためには、どういった点に注意すればよいでしょうか。

 

安全性が高いということは、すなわち愛猫の体に害となる可能性が高いものが入っていないものということになります。害になるものといってもいろいろとありますが、キャットフードを選ぶ際に気をつけたいポイントは「穀類」「ミール・肉副産物」「添加物」です。それぞれについて説明してきましょう。
穀類は、多くの安価なキャットフードに大量に使用されています。穀類をメインの原料としているフードもたくさんあります。

 

しかし、猫は人間とは違い、炭水化物をさほど必要とはしていません。さらに肉食動物ですので穀類の消化は不得手です。そのため毎日の食事として穀類メインのフードを与えていると、満足感が得られないばかりか穀類アレルギーによる皮膚炎や消化不良、下痢といった症状を誘発する可能性があります。穀類不使用であることが理想です。

 

原材料にミールや肉副産物が使用されている場合、それは良質な肉を意味していません。通常、ミールとは皮膚や内臓、つめ、とさかといった動物の肉の中でも不要な部位を粉末状にするなどした物を指します。中には病気の動物の肉や死肉が混じっていることさえあります。こういったものが混ざったキャットフードは愛猫に安心して与えられるとは言い難いのではないでしょうか。

 

最後に添加物についてです。
添加物にはビタミンEなどの天然由来のものもあり、こちらは安全です。気をつけたいのは合成添加物の方で、酸化防止剤や保存料・香料などとしてよく使用されています。何が問題かというと、発がん性やアレルギーの原因となる可能性が指摘されている合成添加物が使用されていることがあるのです。特に気をつけたいのは、エトキシン、BHTやBTA、ソルビン酸カリウムなどです。赤色2号や3号、青色2号などの着色料も発がん性やアレルゲンとなる危険性、ぜんそくの発症リスクなどが指摘されており、避けたいものです。こういったものの中には、人間の食べる物への使用は禁止されているのにもかかわらず、キャットフードにはばんばん配合されていることがあります。安全性の高いものを選びたいなら、合成添加物不使用のものにしましょう。

 

 

日本では、ペットフードの基準や規制は非常に緩いものとなっています。そのため国産のキャットフードは猫の健康を考えると選びたくないと思われる商品がたくさんあります。カナダやイギリスなどペットフードに関する規制の厳しい国で作られた製品の方が、安心して与えられるというものがたくさんあります。国産ならば安心だろうと思いがちですが、ペットフードに関してはそれは当てはまらないと言えるかもしれません。
もしも大切な飼い猫に、頻繁に体をかきむしる、目やにが多い、よく下痢をするといった症状が見られるなら、もしかすると毎日の食事に問題があるのかもしれません。体調不良は獣医師に相談するとともに、フードを見直してみることをおすすめします。